CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
<< 誕生日 | MAIN | ストリートミュージシャン >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
小田和正のライブを観てきたよ〜〜〜

しかも、学校祭!!!
(学生限定400人、無料♪超近い☆)

すんげぇよかった(*^_^*)ノシ☆☆

クリスマスの約束とか観て、ちょっと気むずかしいオジサンなのかな〜と思ったのよ。
それがこんなヒドイ体育館で(狭小・汚い・傷だらけ(←古いってことね)の3Kなのだ)ライブなんて、機嫌悪くするんじゃないかって心配してたんだよ。
音響も最悪だしね。

でも、全然そんなことなかった!!
「なんで僕がよばれたのかわかりませんが」っていってたけど(苦笑)
みんなが小田さんの曲あまり知らないのわかってるから、「普段は曲の説明なんて全くしないんだけど」なんていいつつも、いつの曲だとか(ひとつひとつ『君たちが生まれる何年前』っていうのがウケた)できた経緯とか話してくれたし。
実は医者目指してました、なんていう暴露話(?)もあったし。
「言葉にできない」をピアノだけで歌われたときには不覚にもホロリときそうになった。
「キラキラ」とか「こころ」とかノリノリ系の曲のときは手拍子しまくってすごい楽しかった。

アンコールでは、小田さんとバンドメンバーみんなが学祭Tシャツ着て出てきてくれたの。
おじさん達がおそろいの黄色いTシャツ着てるのはかわいかった(●′∀`●)♪

もともとは病院の患者さんの慰問のためで、病院のロビーにも中継で流してたらしいけど、こっちからはさっぱりわからんかった。
小田さんも途中で「あっちのこと忘れてた」っていってたし(^_^;)
でも、最後に「この曲はロビーの方達に」っていって歌った曲が、題名わからんけど「どんなに辛くても乗り越えて、君はひとりじゃない」的な歌で、自分が患者だったらすごい嬉しいと思った。
なんで小田和正?って思ったけど、こうしてみると、どんな世代でも聴いたことがあると思える曲がたくさんあるのはすごいことで、だから選ばれたんだねぇ。
全然知らない曲でもワクワクして聴けるのは、やっぱり素晴らしい歌手だからなのだ。

ステキオジサン達、ステキな時間をありがとーーーーーーー!!!
あと還暦おめでとう(笑)
| 音楽 | comments(3) | trackbacks(1) |
| - | - | - |
はじめまして。
検索からここにたどり着いた小田和正ファンです。

もしよろしければ、この記事をうちのブログで紹介したいのですが…
いかがでしょうか?
| SHIN | 2007/10/13 11:20 AM |
お返事遅くなって申し訳ありません(>。<;)

ブログ書いてるもののあまり詳しくないので
こちらは何をすればいいのかよくわからないのですが、
こんな記事でよければ、どうぞお使い下さいm(_ _)m

ブログ拝見させていただきました。
お陰様で、小田和正さんのことが少しわかりました(*^_^*)
| 海波 | 2007/10/15 10:50 PM |
コメントありがとうございました。
記事の方はリンクさせて頂きました。

最後の曲は、多分「君住む街へ」です。
もとはオフコース時代の曲で、セルフカバーアルバム「LOOKING BACK 2」、そして今度出る「自己ベスト−2」にも収録されています。

これを機に、小田さんにもっと触れて頂けるとファンとしては嬉しい限りです。
来年のツアーにも、よろしかったら足を運んでみて下さいな。
| SHIN | 2007/10/17 12:09 AM |









http://kaboness.jugem.jp/trackback/131
小田和正公式サイトより (Staff Diary 参照) 参加された方のブログなどでは書かれていましたが、10/12に東京医科歯科大学で小田さんのライブがあったそうです。 「ダイジョウブ」初披露だったようです。 この日のライブの模様の記事:紙面楚歌。(海波さん)
| GREEN DAYS 〜緑の日々〜 | 2007/10/17 12:10 AM |